三十代の潜水生活

毎日を書きます

2021.1.31

コンディションが悪い。布団の洗濯や部屋掃除、エアコンのフィルター洗浄等を済ませてだいぶ気分が良くなる。心の虚無を埋めるのに社会的タスクの処理や家事が一役買っているのは複雑な気持ちになる。夕方は千葉市美術館へ行きチェコスロバキアの絵本展と田中一村展を観る。田中一村は生活と共に画風が変遷していく様を追うように観られたのが良かった。帰宅してデレ3rd配信を半端に観る。

初期を思わせるチャイルディッシュでサイケなギターポップの応酬に自分の大学時代を思い出し遠い気持ちになってしまった

2021.1.30

10時間近く寝る。通院の日なので外へ出たついでに秋葉原に寄り漫画や同人誌を買い込む。帰宅後は飲酒して寝たり起きたりする。いつ注文したかも忘れていた喜多見柚のフィギュアが届く。

"スリー・ビルボード"を観る。面白かった…娘をレイプされ殺された母親が警察への捜査要求を示す3枚の看板を設置するある意味突飛な設定から始まり登場人物各々の感情を通じて物語が予想外に転がっていく様が良かった。ラストも賛否ありそうだが個人的には好きだった。後で真犯人の解釈を読んでウーンそこまで読み取れないよ〜となる。

2021.1.29

仕事。月曜から勢いよく仕事をやったため午前中から大変疲れて何も進まない。昼飯を食べたら多少落ち着いた。帰宅後は絵を描いて飲酒せず寝る。

シマ・シンヤ"ロスト・ラッド・ロンドン"1巻を読む。めちゃくちゃ良かった…表紙に惹かれて買ったけどグラフィックノベルっぽいスタイリッシュな絵柄とベタつかない感情表現の中に日本の漫画だなと思わせるユーモアが混ざっていて面白かった。

2021.1.28

仕事。メンタルは持ち直したが嫌な疲れを感じる。

灰田高鴻"スインギンドラゴンタイガーブギ"2巻を読む。相変わらずテンポが良く(意図してるだろう結構あからさまな)色気があり、テーマを押し付ける感覚もなく面白かった。1巻を読んだのは数日前なのに既に内容を忘れている事に悲しくなる。

遠藤達哉"SPY×FAMILY"1巻を読む。絵が良い。暖かみを感じるわちゃわちゃ感はジャンプ漫画というか少年漫画を読んでいる感覚を思い出させる。コメディ調で笑えるがこれからどうやって話を展開していくのか気になる。ヨルが大変可愛かった。